忍者ブログ

GlassBead

GERMANY 1940 ISRAEL 2009 -- ゲームの駒たち

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

GERMANY 1940 ISRAEL 2009 -- ゲームの駒たち

http://satehate.exblog.jp/10698986/ より

GERMANY 1940    ISRAEL 2009



















































GERMANY 1940 ISRAEL 2009
http://whatreallyhappened.com/IMAGES/GazaHolo/index.html
 より転載

参照

すべてのユダヤ人(と非ユダヤ人)が知っておくべきこと By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8315847/


彼らのメシアニック・システムによると、(彼らの)救済はロスチャイルド一族が神、つまり世界の王となることを要求する。

これは、すべてのユダヤ人の3分の2の犠牲と人類の残りの駆除と奴隷化を見込むであろう。

サ バティアンたちは、彼らの王はユダヤ人をイスラエルへと回復し、非ユダヤ人を根絶することを義務づけられていると信じている。 彼らは、そのメシアは、世界が悪に圧倒されるまで現出せず、この予言を自己達成的にすることを決意していると信じている。かくして悪は善である。


ビヤークネスの見解において、これは、一種の「人類に対するユダヤ人の戦争」を構成する。

ビヤークネスがユダヤ人のと言及するとき、彼は「サバティアン」を意味している。


ビヤークネスによると、ユダヤ人の支持だけが、ロスチャイルドの、エルサレムに彼らを王とした世界政府を確立する計画に欠けていたのだった:

「彼らは、エジプトとトルコを破綻させることができた。彼らはロシアを滅ぼすことができた。彼らはユダヤ人のろくでなしを買うことができた。彼らは法王を買うことさえできた。しかし、多数のユダヤ人をパレスチナへ移住するよう強制する唯一の手段は、ヒトラーとスターリンを権力の座につけ、ユダヤ人を、ある壮大で前例のない規模で迫害することだった。

ホロコーストはなぜ起こったのか? by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7962130/


ロスチャイルドの人種(品種)改良:ユダヤ人を育種するユダヤ人 by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969931/


リーダーシップ/王権/米国の地位/国連/イスラエル by Svali
http://satehate.exblog.jp/10539028/


「ガザ封鎖はナチス収容所と同じ」 by リビア大使 & 大規模世界ホローコースト計画
http://satehate.exblog.jp/8733378/


++
繰り返し記すが、「ナチ」も上層部は、サバティアン/イルミニストだった。シオニスト別働隊、蔭のシオニストだったと言ってもよいだろう。彼らは、ドイツの国家主義者たちの中に浸透・潜入し、いわゆる偽装右翼として煽ることによって、国家主義者を壊滅させることにも貢献したわけである。 かつて日本でも同様のことがあったし、今、中東でもハマスなどに潜入しやっているだろう(まあ、今の日本でもか)。




彼らの究極の目的は、表面的社会主義者の「新世界秩序」であり、ユダヤ人の理想郷であり、地球規模の強制労働収容所システムであって、その一方で、少数派のユダヤ人が富を独占するのである。  アンドリュー・ヒッチコック  (引用注:この「ユダヤ人」にもサバティアン/イルミニストのとの但し書きを付けておきます。また、非ユダヤ人の超富豪協力者も含むでしょう。後者が、最後はどうなるのかは、知りませんがね)

マイヤー・ロスチャイルドの世界革命行動計画 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8473976/


三〇〇人のユダヤ人金融業者が世界を支配するようになった  by ジャン・イズレ 1931
http://satehate.exblog.jp/10639939/


共産主義とNWO :ウォール・ストリートのユートピア詐欺 By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10630063/


サバティアン・フランキスト・イルミナティ;全能の目カルトとしても知られる。
http://satehate.exblog.jp/7920212/


「世界で戦争が勃発する際、なぜ私がこの世に来たかあなたは知り理解するだろう」  戦闘的救世主ヤコブ・フランク卿の説教集からの言葉

ラビ・ライヒホルンの重大講演 1869
http://satehate.exblog.jp/8494254/


彼らは無気力にされて、常に結束し、常にわが大義に献身するわが銀行の掟の前に頭を下げるであろう。

彼らはお互いに殺し合い、われわれのために道をきれいにしておいてくれるだろう。


アルバート・パイクの世界操作計画
http://satehate.exblog.jp/6982937/


 「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」 「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」 

「帝国主義論」はユダヤ民族主義者レーニンの煽戦理論 by モルデカイ・モーゼ
http://satehate.exblog.jp/10677028/


お札でわかる911と世界人間牧場
http://satehate.exblog.jp/6942545/


カバリスティック 9.11
http://satehate.exblog.jp/9680666/


独立史家デビッド・リビングストンがカバリストの陰謀を明かす By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10528931/


メシア思想とタルムードがマルクス主義の源流 by モルデカイ・モーゼ
http://satehate.exblog.jp/10658851/


肝心なところというのは、「シュルハンアルクノショッツェンハミツバッド第三百四十八条」である。 すなわち「非ユダヤ人の所有する財産は本来ユダヤ人に属するものなれど一時彼等に預けてあるだけである。故に何等の遠慮もなくこれら財産をユダヤ人の手に収むるも可なり」とするものである。 

これの意味するところは大別して二つある。一つは、「一時預けてあるものであるから、何時なん時でも代償を払わずに取り返して然るべきものである」ということであり、もう一つは「ユダヤ人の財産は故なく非ユダヤ人に奪われたものである」ということになる。

前者がレヴィーのマルクスヘの手紙の骨子となっているものである。つまり、私有財産の奪取という思想はここから来ているのである。

イルミナティ反逆者が、緊急警告を発する(アンコール) By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8481805/


旧ソ連の反体制派ウラジーミル・バコフスキーがEU独裁制へ警告する 1
http://satehate.exblog.jp/10568079/


信用危機:先進国のオカルト植民地化? by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10549540/


マドッフのネズミ講はイルミナティ・ルービンのそれの小人版にすぎない  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10599520/


新世界のためのアジェンダ
http://satehate.exblog.jp/6991054/


「縁起が悪い」が貼っておこう。 & 国連総会へのロックフェラーの手紙
http://satehate.exblog.jp/10045663


1) 中東平和の完璧な、手のほどこしようのない瓦解。

2a) バチカンとエルサレムは、宗教テロリストたちによって破壊されるであろう
2b) すべての宗教の世界的規模での崩壊。すべての宗教は禁止されるだろう。宗教は、家庭の外では、実践されることは出来ない、説教されることは出来ない

3)  世界中の平和と安全の宣言に続いて、国際連合は、臨時単一世界政府を樹立するであろう。

4)  新しい単一世界国家の市民が出現する。 英国(グレート・ブリテン)、中国、米国、の政府は、突然、組織的に瓦解する。その他の世界は、アナーキー状態へ。  (ここでは以下略)

オバマ大統領、パキスタン北部集落へのミサイル攻撃を指示、子供3人が死亡  暗いニュースリンク 2009/01/24 
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2009/01/post-73af.html


1月23日、パキスタン北部の集落で、米軍の無人機によるミサイル攻撃が行われ、現地の住民15人が殺害された。そのうち7人は親タリバン系武装兵とみられるが、現地の子供も3人が巻き添えで死亡したと報道されている。

こ の地域では、ブッシュ政権末期の昨年夏から頻繁に同様のミサイル攻撃が行われ、標的とされた“テロリスト”と共に、すでに大勢の住民が巻き添えで殺害され 続けている。米政府の公式発表では、昨年9月以来ミサイル攻撃はおよそ30回実行され、220人以上を殺害したとしている。

折しも22日、オバマ大統領はパキスタン・アフガニスタン特使としてリチャード・ホルブルック元国連大使を任命したばかりである。オバマは、選挙期間中から「テロ戦争」政策の一貫としてパキスタン国内への直接攻撃を主張しており今回の攻撃は、ただ単にブッシュ政権の軍事作戦を継続するだけでなく、オバマ大統領が公約通りアフガニスタン・パキスタン地域での戦争拡大戦略をさっそく実行に移したものとみられている。

今回のミサイル攻撃報道に関して、ホワイトハウスは今のところ沈黙している。同様に、日本のオバマ支持団体も、今のところ沈黙を保っているようだ。

追記 2009.01.25

「英国経済は終わり」論争 ブラウン首相まで反論2009年1月25日3時1分
http://www.asahi.com/international/update/0125/TKY200901240207.html


 【ロンドン=尾形聡彦】「英国は終わった。持っていた英通貨ポンドはすべて売ってしまった」。米国人の著名投資家ジム・ロジャーズ氏が最近こう発言したことに、ブラウン英首相までが反論し、英で議論になっている。

  ロジャーズ氏は、投資家ジョージ・ソロス氏とファンドを立ち上げた後、独立。最近は、原油価格の上昇や米投資銀行の抱える問題を、早くから指摘していたこ とで知られる。ロジャーズ氏は、英経済について「もう終わりだ。北海油田の原油は今後なくなっていき、金融街シティーもめちゃくちゃだ。英国は売るものが 何もない。もう英国には投資しない」と発言した。

 これに対し、ブラウン首相は23日、「金もうけしようとしている投機家の言葉を気に しながら我々が政策運営をしていると思ったら、それは大きな、大きな間違いだ」と不快感をあらわにした。英金融大手「ロイヤル・バンク・オブ・スコットラ ンド」(RBS)の著名エコノミストも「(議論は)厳密さを欠いている」と公開書簡を出した。

 英国では、RBSが19日に最大280億ポンド(約3.4兆円)に上る損失を08年通期で計上する見通しを発表。英政府が、巨額の追加金融救済策を打ち出すなど混乱が続く。英ポンドも急落。23日には1ポンド=118円台をつけ史上最安値を更新した。

  ロジャーズ氏は昨年秋の朝日新聞のインタビューでも「今後数年でドルの価値は大きく失われる」と述べるなど、もともと歯にきぬ着せぬモノ言いで知られる。 その発言に過剰とも言える反応をしているのは、誇りを傷つけられた怒りと同時に、先行きへの不安感の裏返しともいえそうだ

「ローズ奨学生」が言うところが興味深い。

イギリスの崩壊   2009年1月24日  田中 宇
http://tanakanews.com/090124UK.htm




イスラエルについての真実を語るべきときがきた….。思想警察に対する恐怖を越えて  デーヴィッド・アイク
http://www.davidicke.jp/blog/090104/#extended


全世界は、イスラエルの真の権力構造──ロスチャイルド家──の意向に沿うべく、その内部にあって細かく指図する暴君どもによって、パレスチナ人の国家が整然と破壊され、滅亡させられていく様を傍観している。

そしてアメリカの(そして世界中の)納税者たちよ、あなた方はこの計算された虐殺行為のために資金を提供しているのだ。


ど うして彼らはこんなことを行うのか。何故ならロスチャイルド家がイスラエルを支配しており、さらにまた、合衆国の政治システムを支配するのもロスチャイル ド家だからである。この二国を結ぶネットワークが、ちょうどイスラエル自体がそうであるように、ロスチャイルドの捏造物、「シオニズム」である。

イスラエル、アメリカ合衆国、ヨーロッパその他にまで及ぶ、このシオニスト陰謀団の力は、ちょうど遊び場にいるいじめっ子のように、またもや歩行器の中に入っている幼な子──ガザ地区の人々──に暴行を加えている。

私たちが今、ガザ地区で目撃し、またこれまでにこの地やレバノンで見てきていることは無慈悲な旧約聖書の大虐殺、計算された冷酷な大虐殺そのものである。


「そこで会衆は勇士一万二千人をかしこにつかわし、これに命じて言った。
『ヤベシ・ギレアデに行って、その住民を、女、子供もろともつるぎをもって撃(う)て』」 (士師記 二十一章十-二十四)

「また、わたしの聞いている所で他の者に言われた、『彼のあとに従い町をめぐって、撃て。あなたの目は惜しみ見るな。老若男女(ろうじゃくだんじょ)をことごとく殺せ。しかし身にしるしのある者には触れるな。まずわたしの聖所から始めよ。』」(エゼキエル書 九章五-七)

「そこで彼らは宮の前にいた老人から始めた。この時、主は彼らに言われた、
『宮を汚(けが)し、死人で庭を満たせ。行け。』そこで彼らは出て行って、町の中で撃った。」 (エゼキエル書 九章五-七)

旧 約聖書の血に飢えた「神(ゴッド)」とイスラエルを支配する非情で魂を持たない人工知能、とりわけ顕著なのはコンピューター以上に彼らの行動の影響に関し て、いかなる心や同情、あわれみを持たない、ロスチャイルド家の生物ロボットたち。この両者の間の類似性は果てしないものである。

もし、 イスラエルやアメリカ(ともにロスチャイルドの手先)以外の、イランとか他のどんな国であっても、イスラエル軍が現在、ガザで行っていることを実行するな ら、どうなるか想像してみてほしい。それこそ、イスラエルやアメリカは言うに及ばず、全世界からの非難が巻き起こって、国連の安全保障理事会では決議案が 可決されて「罪のない人々を救うために」制裁や軍事的介入の必要性が論じられることであろう。

ところがイスラエルがそれを行っている時に我々にできることと言えば「イスラエルの立場に理解を示しつつ」、休戦や暴力の停止を虚(うつ)ろに要望するだけなのだ。そして間もなく大統領となる「変革(チェンジ)の」オバマに関しては、ただ沈黙があるのみである。

そ れはすべて、他の諸国であれば直面するであろうことの、ほんの一部である。何故ならイスラエルはロスチャイルド家に完全に所有される持ち駒(アセット)で あり、それ故、他のどの国とも同じルールに従うことはないからである。元イスラエル首相、アリエル・シャロンが言ったように、 「イスラエルは他国を裁判にかける権利を有しているが、いかなる国もユダヤ人とイスラエル国を裁判にかける権利を持たないことは確かである。」

そしてゴルダ・メイヤー首相も同じシオニストの傲慢さをうっかり吐露(とろ)してしまった。

「この国は神(ゴッド)御自身によってなされた約束の成就として存在している。イスラエルに対してその正当性(レジティマシー)の説明を求めることは馬鹿気た話だ。」

なんと、すべては旧約聖書の中にあるというのか。

「ユダヤ人の故国」は、最初の出発点からイルミナティとして知られる全世界的な秘密結社の相互に婚姻関係を結ぶ諸家系のネットワークを通して編成されたロスチャイルドの領地なのである。

二 〇〇六年のイスラエルによるレバノン侵攻の際、イスラエルの著述家、バリー・チャミッシュはエブリン・ロスチャイルドの孫との会見の模様を語った。この孫 はロスチャイルド家の人間をモルモン教徒にしようとしたが断念していた。(つまり彼はそうしようと思ったが現実にはできなかった。)チャミッシュは、わず か七家族が、このレバノンとの「戦争の成果」を享受していることを知ったと述べた。その孫はロスチャイルド家について語っている。「彼らは自分たちの個人 的玩具(personal toy)としてイスラエルを作った。この国によって彼らはより金持ちになり、より大きな支配力が与えられた」、と。

ロ スチャイルド家はイスラエルへのヨーロッパ人の初期の移住者たちに資金を与え、ドイツにおいてユダヤ人やその他の人々を恐るべき扱いをするようにし向ける 様々な出来事を演出した。さらにその上で彼らの長期的目標──つまり、ユダヤ人たちを必要な、利用し虐待すべき【えさ】として使ってパレスチナの地にロス チャイルド=イルミナティの要塞を作ること──に到着するための言い訳に利用したのである。


これは人種差別の問題ではない。それはファッシズムの問題であり、無力で悲劇的な人々に対する日常的攻撃である。ADLが私の発言内容に関してどう思おうと私の知ったことではないし、ましてや若者のように、ADLの宣伝を口真似する「左翼」の連中のことなどどうでも良い。

それは発言されることが必要であり、誰かが言う必要がある。


と ころで、シオニストのアジェンダ──それはイルミナティの諸家族と連携する、はるかに大きな全世界的アジェンダの一部なのであるが──を管理する人々は概 してユダヤ人たちを罵倒することはない。ユダヤ人たちもまた、より大きな目標に対しては、たんなる使い捨てられるべき無関係な存在なのである。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R